ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

株式会社 あおい の武藤秀由記です。

ホームページの制作事例ではなく、もうしわけございません。

本日は、仙台市の小学校(小学生全員)に布マスクを配布という、ほっこりしたお話をさせていただきます。

本日6月19日の夕方、私の二人の小学生の子供から、「小学校からマスクをもらってきたよ!」との報告がありました。

「え?安倍さんのマスク?なかなか届かなくて何時届くの?とやきもきしたけど、既に届いててありがたく活用しているけど、、。」

 

アベノマスクとは違うデザインで、手作り感が満載でした。
正絹で作られているのか?と思うほど、なめらかで付け心地を子供に聞いたところ、アベノマスクと同じくらい着け心地が良いとの事です。

アベノマスクは、運動する子供に与え、かなり評判がよかったですが、それに勝るとも劣らない出来だそうです。

プリントが一枚入っていて、

 

泣けるじゃありませんか、、。

 

宮城県仙台市に本社を置く、「株式会社 ビック・ママ」 さんからのプレゼントとのことです。

洋服のお直しや、写真スタジオを経営されており、地元仙台はもとより海外でも活躍されている会社です。

河北新報の新春のあいさつや、弊社お客様から間接的に、素晴らしい方だとはお聞きしておりましたが、想像以上に素晴らしい方でした。

だって、仙台市内の小学生全員に配ったそうですので、5万3000枚だそうですよ。

収入が減り、財布のひもを絞る時期に本当に頭が下がります。

大人用のマスクは、やっとこさ流通してまいりましたが、子供用はなかなか流通せずに不織布マスクを何度も再利用し、確保するのに難儀しておりました。

頂いたマスクは、洗って繰り返し使えるので、ヘビーローテーションになること間違いなしです。

英断された株式会社ビックママの代表 守井嘉朗様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

宮城県仙台市泉区高森8-4-4-2F

株式会社 あおい

代表取締役